税理士法人ダイヤモンド経営
株式会社キャリア総研
株式会社ダイヤモンド経営
HOME >> 事業承継コンサルティング > お知らせ > 相続の承認又は放棄の期間伸長について!
事業承継コンサルティング

相続の承認又は放棄の期間伸長について!

2011年08月26日
設備業を営む会社社長が亡くなりました。その事業の実情は、妻と子らに全く知らされていませんでした。相続税がかかるほどの財産があるのか?それとも借金がたくさんあるのではないか?分からないだけに不安がつのります。調べてみると法人名義や個人名義でかなりの負債があることが判明しました。不動産等の相続財産以上に負債(借金)があるのではないかと心配しています。相続放棄期間の3カ月を目前にして、借金等の調査をする時間が無いため、とりあえず相続延長をすることになりました。

怖いのは、忘れた頃にやってきた借金取り!

「うちの夫は真面目な人だから、借金はなにもないはずだ、借金のことは聞いたこともない!」と相続放棄もしないで単純承認をして相続してしまったところ、数年経って、突然借金の取り立てがやってくる、そういう実例もあります。
 実際にこのような事態が生ずるのは、被相続人が連帯保証人であったため生前は主債務者(借入をした人)が順調に弁済していて、死亡してから主債務者が破産するなどして請求がくる場合が多いと思います。一番厄介なのは、相続人は被相続人が連帯保証人になっているかなど分からないということです。しかも、相続してかなり経ってから主債務者が破産したために連帯保証人の地位を相続した人へ請求が来るのです。そこに至って初めて被相続人が連帯保証人になっていることで、それを相続した相続人も弁済しなければならないことを知るのです。非常に不幸なことであるといえるでしょう。
 この場合には、相続放棄をしなければならない3カ月の期間の起算点を被相続人の死亡時点ではなく、「相続人が相続財産の全部または一部の存在を認識した時または通常これを認識しうるべき時から起算すべき」として、支払の催促がきた時から3カ月以内に放棄をすればいいとされる判例もあります。
(詳しくは「相続税の実際」P29・P81参照)

20110826_02.jpg
税理士法人ダイヤモンド経営 無料診断以外に更に詳細な分析と診断を承りますので、弊社までメールかお電話でお問い合わせください。
那覇事務所

那覇事務所

那覇市松山1丁目32番7那覇久米ビル2階
[地図を見る]

那覇事務所 TEL/FAX
浦添事務所

浦添事務所

浦添市宮城1丁目35-10 2階
[地図を見る]

浦添事務所 TEL/FAX
北谷事務所

北谷事務所

北谷町字伊平262-1
[地図を見る]

北谷事務所 TEL/FAX

お問い合わせはこちらから